/filemanager/blog/93/5e7c3df2ee80c.jpg

難病を患いながらもトレーナーを諦めずにたどり着いた居場所

企業ブログ

2020.03.26 株式会社REGBODY

/filemanager/blog/93/5e7c3df2ee80c.jpg

こんにちは パーソナルトレーニングジムREGBODYです 今回はトレーナーインタビューとして、辻トレーナーがREGBODYで働き始めた経緯を紹介していきます。

1) パーソナルトレーナーを始める前はどんなことをしていたのですか?

大学では特に自分のやりたいことも見つからず、卒業して初めて就職したのはパチンコ店でした。そこでは学生気分も抜けず、仕事に対する情熱もなく7か月で退職してしまいました。
その後は学生時代にやっていたアルバイト先に戻り、次の仕事を探していました。たまたま求人志でライフガードの募集に目が止まり、
運動が好きだったこともあり思い切って応募してライフガードとして働くことになりました。


2) パーソナルトレーナー(トレーナー)を始めたきっかけは何でしたか?

ライフガードとして働いていく中で訓練の一環でカラダを鍛えることもありました。もともと筋トレは好きだったので苦ではなく少しずつカラダの変化を感じていました。
ある時、水泳のインストラクターさんがレッスンしている姿を見て、私も自分が好きなことを誰かに教える仕事がしたいと思い、パーソナルトレーナーになることを決めました。


3) REGBODYで働くことになったきっかけは何ですか?

ライフガードを辞めて大手パーソナルジムに入社して3年間が経ったところで、自分の力を試してみたいと思い切って独立しフリーのパーソナルトレーナーになりました。
最初は自身の集客も安定せず、業務委託として他のパーソナルジムでセッションをさせてもらうことも多く苦労していました。
しかし段々とお客様も増えて独立したことに対して、自信とやりがいを感じていました。
そんな時に潰瘍性大腸炎という国の指定難病を患ってしまい思うように働くことができなくなり、トレーナーを続けることが困難になってしまいました。
一時はトレーナーとして働くことを諦め、違う職に就こうかとも考えましたが、大手パーソナルジムで働いていた時の上司であるREGBODY代表の濵田さんから声をかけてもらいもらいました。
病気を抱えていても働ける環境や働き方を考えてくれたので、ここでなら私でもトレーナーを続けることができると強く感じたので入社を決意しました。


4) REGBODYで働いていて感じることや求めている人物像

REGBODYで働いていて一番強く感じるのは、学ぶことの重要性です。社会人になると学生の時のように勉強を強制されることがなくなります。自ら何かを学ぼうとしなければそれ以上の成長はありえません。
REGBODYでは自分の為はもちろん、お客様の為、会社の為に自ら学ぼうとする仲間が集まっています。自分の学び、成長が自分を含めた誰かのためになる、組織の成長に繋がる。そう思える人がカルチャーフィットすると感じています。


今回は辻トレーナーがREGBODYに入社するまでの経緯をインタビュー形式で紹介させていただきました。
インタビューの中にもありますが、REGBODYでは自ら学ぶことができる人物を求めています。将来に向けて諦めずに学び続けられる人、我々の想いに共感できる人を待っています。

企業情報

企業名 株式会社REGBODY
本社 東京都新宿区西新宿7-9-6寿ビル2F
設立 2018年10月9日
代表者 濵田健太
社員数 9人
店舗ブランド REGBODY
事業内容 ・パーソナルジム「REGBODY」の運営 ・ボディメイク事業 ・オリジナル商品の販売事業
企業HP https://regbody.com/

Jobs at this company

この会社の求人

業界の矛盾に挑戦したいパーソナルトレーナー募集 ※経験者募集 資格なしOK

REGBODY

株式会社REGBODY

正社員(中途) ブランクOK 正社員登用あり
職種: パーソナルトレーナー
勤務地: 東京都新宿区
詳細を見る